地球システム科学

オーリス(非破壊調査システム)

 オーリスは、軽量・コンパクトな計測システムです。構造物の基礎杭の長さやひび割れの有無調査、砂防堰堤の健全性、グラウンドアンカーの健全性、岩盤の亀裂有無や転石の根入れ調査などに400件を超える調査実績があります。
 地球システム科学では、オーリス技術協会の正会員として、オーリスによる調査業務を積極的に推進し技術の普及・向上に努めています。


>>オーリス リーフレット

>>調査事例集PDF

高周波衝撃弾性波探査

 高周波衝撃弾性波探査(反射法)とは、杭や構造物の端部や内部亀裂を探知することを目的とした非破壊探査法です。受振センサーを設置した調査対象物をハンマーで打撃して衝撃弾性波を発生させ、その波形や伝搬速度を計測し、最も卓越して反射する特定の周波数範囲を選択し受信します。高周波の高い指向性と構造物表面での高い減衰特性を利用して、構造物端部や亀裂からの反射波を確率良く検知することができます。


コンクリート杭の亀裂探査(実験結果)



転石の根入れ調査(実験結果)


透過法・表面2点法による探査

 透過法および表面2点法とは、コンクリート構造物等の弾性波伝搬速度(Vp)を直接的に求めることを目的とした非破壊試験法です。

 任意の断面または測線上に受振センサーを2基設置し、衝撃弾性波の到達を直接計測し、弾性波速度を求めます。

 求めた弾性波速度は、同一の組成を有する物質のばあい、劣化や施工不良、亀裂等の存在により、速度が遅くなる傾向があり、また、この弾性波速度は、一軸圧縮強度(Fs)と相関関係があるため、計測した弾性波速度から、一軸圧縮強度の推定が可能となり、探査対象の健全性を、定量的に評価することができます。

桟橋下部工ダメージマップ例(一軸圧縮強度推定結果平面図)




その他関連技術:ミラ(超音波トモグラフィ)