SERVICE 事業案内

SERVICE

事業案内

私たちは住み良い地球環境を
私たちの未来に提供するためにあらゆる可能性に挑戦します。

私たちの地球は地圏、水圏、気圏の3圏から構成されています。
そこで生じる自然現象はそれぞれ独立したシステムではなく、
すべてが複雑に絡んだ一つの大きな地球システムとしてのたゆまない活動から生じたものです。

私たちは、この地球システムを解析する科学的知識を基礎とし、
調査・計画・設計などのコンサルティングサービスを通じて、
自然資源の持続的活用ならびに地域環境および地球環境の保全に貢献したいと強く望んでいます。

自然資源の中でも、とりわけ水資源は生命の維持に直結する極めて貴重な資源です。
しかし、近年の急速な人口増加や気候変動の影響で、その質・量の劣化と地域的な偏在が問題となっています。
私たちは、この課題に対して、3圏を経由する水の循環システムにおける
水資源の利用と涵養のバランスに着目し、持続的な水資源管理システム構築を目指した
コンサルティングサービスを世界中で展開しています。

また、近年の急速な都市開発と気候変動による極端気象の頻発により、
自然災害の多発や地域環境の劣化が深刻化しています。
私たちは、この課題に対して、自然災害に対する脆弱性を監視・分析・評価し、
ハード、ソフトの両面での防災システム構築を目指したコンサルティングサービスを、
我が国を始め世界各地で展開しています。

海外水資源事業

Overseas Water Resources Business

21世紀における国際社会の共通課題として認識されている水問題は、水不足・水汚染・水紛争などを包摂する概念として定着しています。「21世紀は水の世紀」という概念は、水問題への理解と解決なくして世界の平和は訪れないという考えが根底にあります。
ESSは給水事業、水資源開発・管理事業、流域環境管理事業の3つのコア事業の展開により、世界の水問題へのトータル・ソリューションを提供することをミッションとしております。

海外水資源事業 ESS 株式会社地球システム科学の画像

オーリス・非破壊調査

Auris / Non-destructive Exploration

オーリス・非破壊調査の対象物は多岐に渡り、橋梁の基礎構造の形状調査、地震発生後の建築・土木構造物の基礎杭の健全性調査、砂防堰堤やコンクリートダムのコンクリート健全性調査、グラウンドアンカーの長さ・健全性調査、斜面転石の根入れ安定性調査などが調査可能です。専門技術者が現場でのデータ取得から、解析、報告書の作成まで一貫して行い、発注者様に納得いただけるものを提供しています。

ESS 株式会社地球システム科学の画像

ミラ・超音波トモグラフィー

Mira Ultrasonic Tomography

コンクリート構造物を対象とした、鉄筋探査、空洞・ジャンカ探査、版厚探査を非破壊試験で行います。超音波横波の発振・受振を48chのセンサーを使って瞬時に計測・解析してトモグラフィー画像を見ることができます。また、現場探査では、発振周波数を可変できる機能を活かして、探査精度・深度の最適化を図ることで、コンクリート内部の状態を画像化します。最近では、圧縮強度と超音波横波速度の関係による品質評価の手法として、研究・開発も積極的に推進しています。

ESS 株式会社地球システム科学の画像