地球システム科学

News & Topics

水道公論7月号に弊社の活動が紹介されました。

水道公論の7月号に弊社が実施している「スーダン国州水公社運営・維持管理能力強化プロジェクト」の活動が紹介されました。水道公論では「世界に貢献する日本の力」と題して、これまで11回に渡る類似のプロジェクトが紹介されております。多くの皆様に途上国における技術協力プロジェクトの実態をご理解願えれば幸いです。
なお、水道公論に掲載されている本文はモノクロであるため、写真や図表が一部不鮮明となっていることから、弊社のホームページにはカラーで掲載しております。


≫掲載された記事は、こちらをご参照下さい。   

「2017年土木学会第72回年次学術講演会」、及び「2017年コンクリート工学会年次大会」で「MIRA(超音波トモグラフイー)」に関する講演を致しました。

≫技術資料は、こちらをご参照下さい。   

ロヒンギャ難民支援の当社の取り組み

現在、バングラデッシュ国のロヒンギャ難民キャンプでは、井戸の枯渇や大腸菌の汚染により、飲料水等の確保が深刻な問題になっています。
バングラデッシュ国政府の要請を受け、JICAでは、給水問題の支援に尽力しており、当社も支援メンバーの一員として、難民キャンプ周辺の水源調査等に従事中です。


≫JICAホームページにリンク  PC版モバイル版

日本地質学会主催のフォトコンテストに弊社社員の作品が入賞しました。

【入賞した佐藤由理さんのコメント】
2016年3月より開始された「州水公社運営維持管理能力強化プロジェクト」ではカッサラ州と白ナイル州がパイロット州に選ばれたことから、殆どの専門家はこれら2州での活動を実施しています。 私は本プロジェクトでは広報啓発を担当しておりますが、大学・大学院で地質学を専攻しており、日本とは異なるスーダンの地質や地形に大変興味を魅かれています。当該写真は、カッサラ州のガシュ川を視察した際に撮影したものです。

sudan_photo
作品名:ワディの河床
スーダン国カッサラ州を流れるガシュ川の河床の様子。
大量の粘土やシルト成分を含む濁流が雨季に上流のエリトリア領内より流入して、その後の乾燥により、河床にユニークな亀裂が発生しました。

月刊「石垣 2017年9月号」に中小企業海外展開支援事業のプロジェクトが紹介されました。

日本商工会議所のビジネス情報誌である月刊「石垣」の2017年9月号に、
弊社が中小企業海外展開支援事業によりサポートしている小岩金網株式会社が取り上げられ、
普及・実証事業の活動が紹介されました。


≫掲載された記事は、こちらをご参照下さい。   

弊社実施プロジェクトがボリビアの現地新聞に取り上げられました。

JICAの中小企業海外展開支援事業である『ボリビア国 効果的な診断・改修による井戸の長寿命化普及・実証事業』において、(株)レアックスの外部人材としてプロジェクトを実施しております。現地時間2017年7月13日(木)にボリビアのラパスにて行った井戸診断の様子が、現地新聞「Cambio」にて紹介されました。

Cambio2017年7月30日号の全文は、オンラインサイトよりご覧いただけます。関連記事はP.20~P.21です。
(Cambio [Revista 7 dias 30-07-17 ] : https://issuu.com/cambio2020/docs/revista_7_dias_30-07-17 )


≫Cambioに掲載された記事は、こちらをご参照下さい。   

企業情報を更新しました

企業情報を更新致しました。

 新規有資格者:「ドローン操縦士回転翼3級」(ドローン操縦士協会(DPA) 認定) 1名

NHK静岡・テレビ静岡・静岡新聞に弊社実施の本邦研修が紹介されました。

弊社が実施している『スリランカ国土砂災害対策強化プロジェクト』において、
2017年5月15日(月)~5月26日(金)に来日したスリランカの研究員の方々に対して、日本の土砂災害対策に関する研修を実施致しました。

2017年5月18日(木)に静岡県を訪問し、静岡県での土砂災害に対する取り組みについての講義や県内の土砂災害対策の現場等を見学した様子が、NHK静岡、テレビ静岡及び静岡新聞にて紹介されました。



≫静岡新聞に掲載された記事は、こちらをご参照下さい。   

企業情報を更新致しました。

企業情報を更新致しました。

英語版HPをリニューアルしました/Our English Website has been updated

英語版HPについて、全面リニューアルしました。
ぜひご覧ください。


We recreated our English website.
Please visit our new homepage.


≫英語版HPは、こちらをご参照下さい。