1. HOME
  2. 事業案内
  3. ドローン空撮測量
  4. ドローン空撮測量・調査

ドローン空撮測量

Aerial Photographic Surveying

ドローン空撮測量・調査

ドローン空撮測量・調査とは…

ESSは、ドローンを使用し、空中写真を撮影す
ることでオルソ画像やコンター図と
いった基礎データを収集できます。

国内・海外を問わず、防災分野での現況把握、対策工検討のために、ドローンを使用した空撮測量・調査を行っています。 目的とニーズに合ったドローン飛行計画から空撮実施を一貫して専門技術者が行います。海外における、地すべり発生後の流出土砂量の把握などでも実績を積んでいます。

ドローン空撮測量・調査の流れ

室内作業として、ソフトウェアを介して空撮測量・調査に適した飛行高度、飛行ルートの設定を行い、測量・調査時に自動制御ができる状態にセットします。
現場では、対空標識の設置及び、各対空標識の座標計測等の事前作業を行った上で、ドローン空撮測量を開始します。ドローン飛行計画から空撮実施まで、信頼できる精度を保持できるよう一貫して一人の専門技術者が行い、各調査の目的に沿ったデータの提供を行っています。
また、近年、ドローン自体の小型化が進んでおり、今まで空撮が実施できなかったようなアクセスが困難な場所や、山岳地等でも可能となっているため、弊社で培ってきた調査経験を活用した空撮測量が可能です。

TECHNICAL DOCUMENTS

技術資料

技術資料一覧