1. HOME
  2. 事業案内
  3. ミラ・超音波 トモグラフィー
  4. ミラ・超音波トモグラフィー調査

ミラ・超音波 トモグラフィー

Mira Ultrasonic Tomography

ミラ・超音波 トモグラフィー調査

㉑MIRA調査状況 ESS 株式会社地球システム科学の画像

ミラ・超音波トモグラフィー調査とは…

  • コンクリート構造物を対象とした、鉄筋探査、空洞・ジャンカ探査、版厚探査を非破壊試験を行います
  • 探査精度・深度の最適化を図ることで、コンクリート内部の状態を画像化します。
  • 最近では、圧縮強度と超音波横波速度の関係による品質評価の手法として、研究・開発も積極的に推進しています。

ESSは、圧縮強度と超音波横波速度の関係による
品質評価の手法として、
研究・開発も積極的に推進しています。

コンクリート構造物を対象とした、鉄筋探査、空洞・ジャンカ探査、版厚探査を非破壊試験で行います。超音波横波の発振・受振を48chのセンサーを使って瞬時に計測・解析してトモグラフィー画像を見ることができます。また、現場探査では、発振周波数を可変できる機能を活かして、探査精度・深度の最適化を図ることで、コンクリート内部の状態を画像化します。最近では、圧縮強度と超音波横波速度の関係による品質評価の手法として、研究・開発も積極的に推進しています。

ミラ・超音波トモグラフィー調査の流れ

超音波横波の発振・受振を48chのセンサーを使って瞬時に計測・解析をし、トモグラフィー画像を現場でモニターを通して見ることができるのが、弊社が持つ機器の強みです。また、現場探査では、発振周波数を可変できる機能を活かし、探査精度・深度の最適化を図ることで、コンクリート内部の状態を画像化することが可能です。

TECHNICAL DOCUMENTS

技術資料

技術資料一覧