1. HOME
  2. 事業案内
  3. オーリス・非破壊調査
  4. オーリス・非破壊調査

オーリス・非破壊調査

Auris / Non-destructive Exploration

オーリス・非破壊調査

⑰オーリス調査状況3 ESS 株式会社地球システム科学の画像

オーリス・非破壊調査とは…

  • オーリス・非破壊調査の対象物は多岐に渡ります。
  • 地震発生後の建築・土木構造物の基礎杭の健全性調査、砂防堰堤やコンクリートダムのコンクリート健全性調査など専門技術者が現場でのデータ取得から、解析、報告書の作成まで一貫して行います。

ESSは、専門技術者が現場でのデータ取得から、
解析、報告書の作成まで
一貫して行います

オーリス・非破壊調査の対象物は多岐に渡り、橋梁の基礎構造の形状調査、地震発生後の建築・土木構造物の基礎杭の健全性調査、砂防堰堤やコンクリートダムのコンクリート健全性調査、グラウンドアンカーの長さ・健全性調査、斜面転石の根入れ安定性調査などが調査可能です。専門技術者が現場でのデータ取得から、解析、報告書の作成まで一貫して行い、発注者様に納得いただけるものを提供しています。

オーリス・非破壊調査の流れ

オーリス調査では、まず計測対象物に直径1cmほどのセンサーを取り付けます。その近傍を鋼製のハンドハンマーで打撃し、弾性波を発生させます。
ハンマ―の大きさは150g~1kgまで、計測したい長さ(深さ)によって決定します。
発生させた弾性波は対象物の端部や亀裂等の物性が異なる箇所から反射します。
弾性波の発生から反射波が表面まで戻ってくるまでの時間をオーリス(測定機器)で計測することにより、反射波の発生位置までの長さ(深さ)を推定します。

⑱オーリス機材写真 ESS 株式会社地球システム科学の画像

TECHNICAL DOCUMENTS

技術資料

技術資料一覧